FF13/ファイナルファンタジー13
バトルシステム

FF13/ファイナルファンタジー13攻略GEMANI

ロールとオプティマ

FF13のバトルを理解するには、ロールとオプティマについて正しく理解する必要がありそうだ。

ロールとは、各キャラクターの役割。
ロールの組み合わせをオプティマと呼ぶのだ。

ロールの種類

ATK アタッカー 攻撃専門。物理攻撃だけでなく魔法攻撃にも特化している
DEF ディフェンダー 守備専門。防御力に特化し挑発のアビリティーなどもある
HLR ヒーラー 攻撃力が低いが回復専門でパーティーのサポートに必要
BLA ブラスター 魔法や属性攻撃でチェーンをつなげることが得意
ENH エンハンサー 強化魔法で味方の支援に特化プロテス、ヘイストなど習得していく
JAM ジャーマー 敵を弱体化させることに特化防御力を下げたり行動を妨害したりする

各キャラクターには最初は選べないロールが存在し、物語がある程度進行しないと全てのロールは選ぶことはできない。
キャラクターとロールの組み合わせを「オプティマ」と呼び、戦闘中はオプティマを変えることができる。

バトル中のプレイヤーの行動

各キャラクターに適切なロールが与えられているかを瞬時に見極め、オプティマを最適化する。

同じロールのキャラが複数いると?

単純に効果が高まる。
アタッカー二人=攻撃力アップ。

オプティマ詳細

オプティマを切り替えると、使用できるアビリティが変化。
バトル中いつでも何回でも変えることができる。



バトルを進めるタイムゲージ

FF13/ファイナルファンタジー13は、タイムゲージを使用してのリアルタイムバトルを採用している。

一定量ゲージがたまるとコマンドを発動できる。
タイムゲージは三つに区切れれている。

コマンドの使用とコスト

全てのコマンドにはコストが設定されている。
このコストとタイムゲージの関係は大切で、以下のように関連しているらしい。

タイムゲージが3溜まっている場合

コスト1のコマンド 三つ発動できる
コスト2のコマンド 一つ+コスト1のコマンド一つ発動できる
コスト3のコマンド 一つ発動できる。

本作では、MPという概念はなく、全てコストで管理されるぞ。

連続コンボはどうなる?

チェーンをつなぐシステムらしい。
連続攻撃が繋がると、チェーン数とゲージが上昇していく。
この上昇に伴って、敵に与えるダメージ量も増加するらしい。

さらに、敵が赤く点滅する状態までもっていくとしめたもの。
この状態をブレイク状態と呼ぶらしいぞ。

ブレイク状態からうちあげ

ぶれいく状態にしたら、うちあげてしまおう。
うちあげとはアッパーカットで空中にぶちあげる状態だろうか。
うちあげてからの攻撃はさらに絶大な効果らしいぞ。
見た目も迫力満点だ。